ATLAS 2012

東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻
修士課程1年 制作発表 ATLAS展2012

————————————————————————————–
会期:2012年10月15日(月) – 10月19日(金)

会場:東京藝術大学取手校地 〒302-0001 茨城県取手市小文間5000

入場:無料
————————————————————————————–

 

このたび、東京芸術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻では、修士課程1年の制作発表展として「ATLAS展 2012」を開催致します。先端芸術表現専攻修士課程では、出身大学や学科も異なる学生同士が集まり、それぞれが持つ背景を活かして学内外問わず活動の場を広げています。
昨年の3月11日のできごとから一年半という時間が経過し、被災地との距離、あるいは人間同士の思想的距離など、私たちの社会にはさまざまな距離が顕在化しました。しかしその一方で、既存の立場や関係性を問い直す小さな動きが、大きなうねりを引き起こそうとする状況にあるともいえます。そのような今日を生きる私たちは、自らの立ち位置をどのように確かめ、次の道標を見つけ出すことができるのでしょうか。本展覧会の名称であるアトラスとは、人々の行き先を導く地図帳を示した言葉でもあります。それぞれの「距離のはかりかた」のあらわれでもある作品を通し、本展が、新たな地図を創造する場となることを願っています。
出展作家:(計29名)
秋本瑠理子/飯田竜太/石山星亜良
伊藤久也/上山まい/大西香澄
長内綾子/川村喜一/小林真太朗
佐藤圭/下川晋平/関透真
髙橋明弓/藤堂安規/中里洋介
中島麻未/中村浩司/西澤知美
林洸理/平井庄子/平野真美
水島ゆめ/水本紗恵子/三野綾子
村井啓乘/屋木はるか/八木澤桂介
吉村直人/米重慧一郎

 

————————————————————————————–

関連プログラム

ゲストトーク 飯田志保子
2012年10月17日(水)16:00~ 東京藝術大学取手校舎にて

インディペンデント・キュレーターとしてご活躍されている飯田志保子さんをゲストにお招きし、学生からの以下の質問に応える形式のトークイベントを開催します。

トークテーマ:
キュレーターのコントロールはどこまでできるのか
これまでキュレ―ションをしてやりがいのあった展覧会や作家、またその理由等について
世界、アジア、日本の芸術のあり方の違い、等 フリートーク他

飯田志保子:インディペンデント・キュレーター。
1998年より東京オペラシティアートギャラリーの開館準備に従事し、2009年まで同館キュレーター。2009年から2011年に、クイーンズランド州立美術館(オーストラリア)にて客員キュレーターを務め、その後、韓国国立現代美術館2011年インターナショナル・フェローシップ・リサーチャーとして、ソウルに4ヶ月滞在。現在、第15回アジア・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2012,愛知トリエンナーレ2013のキュレーターとして活躍中

 

————————————————————————————–
詳細についてはウェブサイトをご覧下さい。
FaceBookには出品作家の過去作品がアーカイブされております。
ご覧ください。
ウェブサイト:http://www.geidai.ac.jp/event/atlas2012/index.html
FaceBookアカウント:http://www.facebook.com/12ATLAS