『IMA2018』展 先端芸術表現科学部一年成果展

「IMA2018」先端芸術表現科一年生成果展
東京藝術大学 絵画棟一階 アートスペース
2018年12月10日から2018年12月14日  全日10:00-17:00
会場:台東区上野公園12-8 東京藝術大学 絵画棟1Fアートスペース 上野駅(JR)公園口より徒歩10分 根津駅(千代田線)より徒歩10分

Mail:ima.exhibition.2018@gmail.com TEL:050-5525-2591
Web:https://geidai.sentanb1ima2018.com Twitter:@sentan2018
会場:台東区上野公園12-8 東京藝術大学 絵画棟1Fアートスペース
主催:先端藝術表現科1年生成果展実行委員会

今回で開催3回目を迎える先端芸術表現科(以下、先端)1年生の成果展、IMA展が、今年も開催されます。IMAとは先端の英語名Inter-media Artの頭文字でもあり、東京藝術大学内で先端のことを表す単語でもあります。 先端の記念すべき20期生として入学し、また平成最後の入学生となる私たち24名は、用いるメディアも、興味関心のベクトルも全く異なるものの、その節々で議論を重ね、作品を作り続けてきました。今回の展示は、そんな私たちが一年間学んできた上での一つの「結論」を、お見せできるかと思います。 先端の1年生が全員でそれぞれの思考を提示するのは、今回の展示が初めてです。この展示を通して「先端芸術表現」という科がどういうものなのか、どんなことを考えているのか、どんな人がいるのかということを感じていただけたなら、私たちにとって何よりの喜びです。