先端芸術表現科三年生成果展「手と目を使って」

先端芸術表現科三年生成果展「手と目を使って」

「今年度の成果展は、例年行われてきたアートパスや藝祭Exhibitionといったイベントが新型コロナウイルスの流行により開催できず、言わば代替として開催されることになりました。イベントの規模としてはいくぶん小さくはなりますが、展示に注がれる私たちの熱量はより大きくなっているはずです。私達、3年生の今年度の成果を是非ご高覧いただければと思います

さて、「手と目を使って」というタイトルから、どんな展示が思い浮かんでくるでしょうか。。あるいは、クリスマスの期間に取手校舎で行われるということに、あなたはどんな想像を働かせますか。皆様、それぞれの妄想を胸に展示にお越しいただければ幸いです。」

会期:12/26.27 11:00―17:00

東京藝術大学取手校地
〒302-0001 茨城県取手市小文間5000

鑑賞していただく際は日時指定の事前予約が必要となります。
予約フォーム:https://forms.gle/EG6f41vQTNwNwKsx7

*新型コロナウイルスの感染状況によって、一般公開が中止になる可能性があります。

IMA-II 先端芸術表現科2年生成果展

IMA-II 先端芸術表現科2年生成果展

【開催概要】
日時:12/19(土) – 12/20(日)
時間:11:00 – 17:00
場所:東京藝術大学取手校地メディア教育棟 (入場無料)
web:https://ima-b2.geidai.ac.jp/2020
※感染拡大防止への取り組みとして、予約制でのご案内となっております。
予約は以下peatixからお願いいたします。
https://geidai-sentanb2-2020.peatix.com/

【本展について】
2020年、私たちは様々な状況の変化により、いつもとはずいぶん違う大学生活を送ることになりました。目まぐるしく過ぎていく日々の中で、私たちはいま何を感じて、どんなことをして、どこにいるのか。
東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 学部2年24人の「いま」を問う展覧会。

【トークイベント】
ゲスト:小林エリカ
日時:12/20(日) 14:00〜16:10
場所:メディア棟第1講義室
構成:第一部 14:00〜15:00
小林さんの活動についてトークショー
第二部 15:10〜16:10
本展の講評
※YouTubeでの視聴も可能です。
※予約制。詳細はホームページをご確認ください。

【お問い合わせ】
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科 合同教員室
050-5525-2595(12時-18時)
mail:ima.exhibition.b2.2020@gmail.com
Web:https://ima-b2.geidai.ac.jp/2020
Facebook:https://facebook.com/sentan2020/
Twitter:@sentan_toride
Instagram:@sentan_toride

東京藝術大学トークイベント 「カタルシスの岸辺ーコレクティブの新たなかたち」

東京藝術大学トークイベント
「カタルシスの岸辺ーコレクティブの新たなかたち」
日時:12月11日(金)
13:00-14:30
登壇者: カタルシスの岸辺(荒渡巌、海野林太郎、高見澤峻介、田中勘太郎、大山日歩)、小谷元彦(東京藝術大学准教授)
聞き手:荒木夏実(東京藝術大学美術学部准教授)
料金:無料
視聴方法:オンライン (Peatixを通して予約)
こちらよりお申し込みください。
http://ptix.at/GOqM2v

主催:東京藝術大学美術学部 先端芸術表現科

緩やかなアーティストコレクティブ「カタルシスの岸辺」のメンバーと小谷元彦を迎え、「カタ岸」の誕生や現在の活動、アーティストのサバイバル術などについて語ってもらう。カタ岸が参加する東京藝術大学大学美術館 陳列館での展覧会「PUBLIC DEVICE 彫刻の象徴性と恒久性」(12月11日ー25日、アートディレクター:小谷元彦)のコンセプトや出品作品についても聞く。

カタルシスの岸辺:
2017年に東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻の荒渡巌と海野林太郎を中心に結成。さまざまな作家の死蔵データを蒐集し量り売りにて販売するなど、「ショップ」であることをコンセプトに活動する。主なグループ展に18年「芸宿を送る会」(芸宿、金沢)、「TOKYO2021 美術展」(戸田建設本社ビル、東京)、主な個展に「光光(KILA KILA)DEPO」(EUKARYOTE、東京)など。

katakishi.com