第66回東京藝術大学卒業・修了作品展

東京藝術大学卒業・修了作品展
2018年1月28日|日|〜2月3日|土|
9:30 – 17:30(入場は 17:00 まで)/ 最終日 9:30 – 12:30(入場は 12:00 まで)
先端芸術表現科学部4年生:東京都美術館LB階第1展示室および講堂、大学構内※
先端芸術表現専攻修士2年生:大学美術館地下2階、東京都美術館講堂、大学構内※
(※中央棟1F第2講義室、絵画棟1Fアートスペース、総合工房棟B棟2Fおよびデッキ、グラウンド)

ごあいさつ

創設以来、先端芸術表現科の学生は、絵画や写真、空間構成、身体表現など、それぞれのコンセプトに合わせ、手法や媒体を選択し、既存の枠に囚われず表現することと向き合ってきました。
2018年3月に卒業・修了を迎える私たちもまた、その表現方法を模索し続けています。社会の様々な出来事や、日常からすくい上げたことを、自分自身や他者と向き合いながら作品にしていく。そうしてできた作品たちは、いわば現代を映す鏡であり、世界に思いもよらない道を拓くような、新たな視点となるかもしれません。
私たちはよく、「先端芸術表現科って、何をしているところなの?」という質問を受けます。ですが、その答え方はきっとひとりひとり違っています。“先端芸術表現科”という場で何を考え表現するのか。そもそも表現するとは一体どのようなことなのか。私たちにとってそれらを問い続けることは、「社会の中で自身がどう在るべきか」を問い続けることでもあるのです。
私たちが、自己や他者、社会とどのように向き合い、その作品に行き着いたのか。作家たちの「いま」の記録をご覧いただければ幸いです。

東京藝術大学 先端芸術表現科卒業・修了作品展2018実行委員会
ーーーー
リンク先
先端卒修展2018HP:https://sentan2018.wordpress.com
Twitter:https://twitter.com/2018Sentan
Facebook:https://www.facebook.com/sentan2018
お問い合わせ先:sentan.2018.pr@gmail.com

 

 

コメントは受け付けていません。