先端芸術表現科 学部3年生 有志展
タイムマシンエンジン

 

先端芸術表現科 学部3年生 有志展
タイムマシンエンジン

会期|2015年1月7日 [水] – 1月11日 [日] 10:00 – 18:00
会場|目黒区美術館区民ギャラリー
東京都目黒区目黒2-4-36 「目黒駅」をご利用の場合(徒歩約10分)
観覧料無料

HP (アクセス、イベント情報等)|
http://timemachinenengine.tumblr.com/

出展者|
礒﨑 未菜/大伴 真由/長田 雛子/小林 千夏/佐藤 朋子/島田 彩加/杉浦 尚美/
田上 碧/高見澤 峻介/竹下 美汐/鳥井 祥太/ニカモト ハンナ/日田 七恵/
藤田 クレア/藤本 あゆみ/渡邉たまき/東 加奈子/池田 祥/山本 暦/
諸川 摩美/田中 勘太郎/Lou-Andréas Gonçalves

概要|
『Back to the Future』は、1985 年に公開されたアメリカ映画だ。
そこで私たちは初めて、「プルトニウム」を使って発電し、過去へ飛んだ。
1955年に着いた私たちは「雷」を使って 1985 年に戻って来た。
4 年後の 1989 年、『Back to the Future Part II』で私たちは未来の2015 年に行くことになる。
そして2015年から戻るときのエネルギー源は「ゴミ」だった。
その2015 年に、この展覧会は開催される。
私たち東京藝術大学美術学部先端芸術表現科 3 年の 22名は、絵画、写真、映像、インスタレーションやパフォーマンスなど、さまざまな手法で日々制作している。
それぞれの「アンテナ/常駐している第六感」を軸に、日常、次元、空間、時間、過去/未来、イメージ/アイディア、モノ/記録、脳/心などをキーワードにしながら、メディアを横断し、それらを取り巻く問いと向かい続けている。
1985 年に私たちが思い描いていた、時空を超える乗り物「タイムマシン」は、
2015 年が来ても現実には完成しなかった。
しかし、私たちが生み出している作品、またその集合体としての本展覧会は、鑑賞者と様々な事象を繋ぐ「タイムマシン」のようなものにはなれないのだろうか。
その「タイムマシン」とは時空を横断するだけのものではない。その先の見えないものをも飛び越え、あらゆる可能性に飛んで行けるようなものだ。その行き先は未知数である。
今タイムマシンを動すためには、「プルトニウム」でも「雷」でも「ゴミ」でもない、強力な燃料の発掘が必要だ。
新たな燃料を発掘し、「タイムマシン」を稼働させる場。それが本展覧会である。

取手アートパス2014〜フルスロットル〜

12月5日(金)〜7日(日)の3日間、東京藝術大学取手キャンパスにて「取手アートパス2014 〜フルスロットル〜」を開催いたします。
取手アートパスとは、取手キャンパスで学ぶ 絵画科油画専攻の学部1年生と先端芸術表現科の学部1年生を中心とした学生約200名が企画・運営〜展示までを自ら主体となり開催する、取手キャンパスを丸ごと使った大規模な展覧会です。

テーマは「フルスロットル」です。
動揺(2011年度テーマ「こころゆれる」)し決断(2012年度テーマ「いっそ、さあ」)し内省(2013年テーマ「物狂ほしけれ」)を携えて、創作へと走り出す衝動を、今年の取手アートパスのテーマとしました。
大規模な学生作品展のみにとどまらず、桑田光平・井上涼氏を迎えてのゲストトークやサイトシーイングバスカメラ運行など、多様な企画も開催されます。
皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

会期 2014年12月5日(金)〜7日(日)
開館時間 10:00~17 :00
レセプションパーティー 12月6日(土)17:30〜19:30
観覧料 無料
web http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/torideartpath2014/
twitter https://twitter.com/toride_artpath
Facebook https://www.facebook.com/torideartpath2014
会場 〒302-0001 茨城県取手市小文間5000番地 東京藝術大学 取手校地
主催 東京藝術大学「取手アートパス2014」実行委員会
お問い合わせ 東京藝術大学 取手校地 メディア教育棟2F 先端教員室 TEL:050-5525-2595

FOLLY TRIAL|フォーリトライアル 展

FollyTrial

FOLLY TRIAL|フォーリ トライアル
会期|2014年11月13日[木]ー 11月24日[月] 9:00 ー 20:00 入場無料
会場|浅草文化観光センター7階/展示スペース
〒110-0034 東京都台東区雷門2-18-9
出品作家|臼井英之/菅野麻依子/田原唯之/古川弓子/宮坂直樹

概要|東京藝術大学は、次代を担い、世界に通用する創造性豊かな新進芸術家の育成を目的として、文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」を実施しています。2014年度は、「フォーリfolly」をテーマに「現代アートの社会実践-現代社会の問題解決とパブリックな場の創出に向けて」海外のすぐれた指導者を招聘、広い視野、広い見聞、広い分野に関する知識を身につける講演会/国際フォーラムを一般公開、また実践の基礎や技術を磨くワークショップを公募選考した新進芸術家を対象に開催致しました。本展示は、参加5名の新進芸術家が、現代アートの社会実践への提案と事業参加期間のトライアルを発表するものです。

WIP 2014

WIP展 展覧会概要

会期 |2014年10月21日[火] – 24日[金] 11:00- 17:00
開催地 |東京藝術大学取手校地 茨城県取手市小文間5000
入場料 |無料
主催 | 東京芸術大学 先端芸術表現学科

【関連企画】
港千尋 ゲスト講評 10月23日[木] 13:00-18:00
港千尋による公開講評を実施します。どなたでも自由に参加できます。

【お問い合わせ先】
MAIL:sentan2015@gmail.com
Web:http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/sentan2015/

平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
“国際フォーラム migratory folly: 現代アートの社会実践No.3”
李 龍雨「光州ビエンナーレの20年」

YongwooLee
日程 2014年 10月25日(土)
時間 15:30~17:00 (15:00開場)
場所 東京藝術大学美術学部 中央棟1階 第一講義室
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

・入場無料
・入場者多数の場合は、入場制限を行う場合がございます。

平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
“国際フォーラム migratory folly: 現代アートの社会実践No.2”
長谷川祐子「グローバル時代のアート、キュレーション:日本という立場から」


日程 2014年10月11日(土)
時間 15:30~17:00 (15:00開場)
場所 東京藝術大学美術学部 中央棟1階 第一講義室
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

・入場無料
・事前申し込みの必要はありません。当日、会場にお越しください。
・入場者多数の場合は、入場制限を行う場合がございます。

平成26年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
西野達 講演会
「逆転 (TATZU NISHI / INVERSION) 」

TatzuNishino
日程 2014年10月2日(木)
時間 18:00~20:00 (17:30開場)
場所 東京藝術大学美術学部 中央棟1階 第一講義室
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

・入場無料
・事前申し込みの必要はありません。当日、会場にお越しください。
・入場者多数の場合は、入場制限を行う場合がございます。

先端芸術表現科 顕彰展「先端 Prize 2014」


日程 2014年8月3日(日)〜8月7日(金)
時間 11:00〜19:00
場所 東京藝術大学 上野校地 学生会館2F
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
入場料 無料
レセプションパーティー 8月3日(日)16:00〜19:00

出展者
西澤知美(サロン・ド・プランタン賞 2013年度修了生)
浜口京子(平山郁夫奨学金賞 B4在籍)
島田彩加(安宅賞 B3在籍)

 

先端芸術表現科が設立されてから創設15年になります。取手校地を中心に授業など行うことが多いわたしたち先端芸術表現科ですが、毎年、学内賞を受賞した学生による展覧会「先端PRIZE展」を上野校地内で開催しております。
今年の先端PRIZE展は、学部3、4年生、昨年卒業した修了生の、合計3名の展覧会となります。学部3年の島田彩加は昨年は廃材を使用した映像インスタレーションを制作し、実直で真摯に作品制作に向かう姿勢を評価されて受賞となりました。4年の濵口京子は、以前から独特の着眼点とそれを完璧な形で作品化する技術力に個人的に注目していたのですが、学年末の制作では宅配便システムを利用したインスタレーションを制作し、アクロバティックな飛躍のしかたを見せて私達教員を驚かせてくれました。
昨年研究科を修了した西澤知美も先端表現科の学部卒業生ですが、学部時代から女性的なフェティシズムとそれに対する彼女自身の微妙な距離感を作品化することを主題としており、修了展では手術室と化粧器具を融合させた見事なインスタレーションを制作し、この作品でも主席作品となりました。
もちろん、彼女たちだけが全ての先端生を代表しているわけではありません。また、学部生の作品にはまだ学生的な詰めの甘さが残っていることは否めないのですが、でもそれぞれすでに独特の視線やそれを表現する手法を開発しつつ有り、そこに私は作家性の萌芽を感じています。
現在、取出校地を中心に制作活動を行うことが多い先端生ですが、作家はやはり展覧会で、多くの観客に作品を見てもらってはじめて育つ部分がある、とも思っています。もしお時間がございましたら、ぜひ先端PRIZE展にご来場いただき、新緑のような若い作品の魅力をご高覧いただければ幸いです。

東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 准教授
八谷和彦(メディアアーティスト)