先端芸術表現科 顕彰展「先端 Prize 2014」


日程 2014年8月3日(日)〜8月7日(金)
時間 11:00〜19:00
場所 東京藝術大学 上野校地 学生会館2F
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
入場料 無料
レセプションパーティー 8月3日(日)16:00〜19:00

出展者
西澤知美(サロン・ド・プランタン賞 2013年度修了生)
浜口京子(平山郁夫奨学金賞 B4在籍)
島田彩加(安宅賞 B3在籍)

 

先端芸術表現科が設立されてから創設15年になります。取手校地を中心に授業など行うことが多いわたしたち先端芸術表現科ですが、毎年、学内賞を受賞した学生による展覧会「先端PRIZE展」を上野校地内で開催しております。
今年の先端PRIZE展は、学部3、4年生、昨年卒業した修了生の、合計3名の展覧会となります。学部3年の島田彩加は昨年は廃材を使用した映像インスタレーションを制作し、実直で真摯に作品制作に向かう姿勢を評価されて受賞となりました。4年の濵口京子は、以前から独特の着眼点とそれを完璧な形で作品化する技術力に個人的に注目していたのですが、学年末の制作では宅配便システムを利用したインスタレーションを制作し、アクロバティックな飛躍のしかたを見せて私達教員を驚かせてくれました。
昨年研究科を修了した西澤知美も先端表現科の学部卒業生ですが、学部時代から女性的なフェティシズムとそれに対する彼女自身の微妙な距離感を作品化することを主題としており、修了展では手術室と化粧器具を融合させた見事なインスタレーションを制作し、この作品でも主席作品となりました。
もちろん、彼女たちだけが全ての先端生を代表しているわけではありません。また、学部生の作品にはまだ学生的な詰めの甘さが残っていることは否めないのですが、でもそれぞれすでに独特の視線やそれを表現する手法を開発しつつ有り、そこに私は作家性の萌芽を感じています。
現在、取出校地を中心に制作活動を行うことが多い先端生ですが、作家はやはり展覧会で、多くの観客に作品を見てもらってはじめて育つ部分がある、とも思っています。もしお時間がございましたら、ぜひ先端PRIZE展にご来場いただき、新緑のような若い作品の魅力をご高覧いただければ幸いです。

東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 准教授
八谷和彦(メディアアーティスト)

ATLAS 2014

atlas2014東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程1 年・博士課程2 年による制作発表展「ATLAS 展」を開催いたします。
それぞれの作家が独自に追求してきたテーマや思想を反映させ、自らの立ち位置を明確にした座標となる作品は、まさに一つの地図であると言えます。
そうした地図の集合体、すなわち「地図帳」であるこの展覧会を「ATLAS」(アトラス) と名付けました。
是非この機会にご覧頂けると幸いです。


東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修士課程1年・博士課程2年 ATLAS展

会期|2014年7月7日[月]―7月13日[日] 11:00―17:00 ※会期中無休
会場|東京藝術大学取手校地(茨城県取手市小文間5000)
出品作家|[修士1年]今村 俊博 大政 愛 丘 幸寅 小保方 裕哉 表 良樹 門 るり
菊地 良太 北田 千尋 草野 翔子 添田 朱音 下田 麻亜也 杉本 憲相 田中 信太郎
伝田 智彦 Sari Doi 栃岡 ひまり 冨川 紗代 富谷 龍樹 長島 瑠 人見 紗操
蛭間 友香 藤村 祥馬 宮嶋 歩 宮島 なつみ 持田 敦子 森 ナナ 李 炯俊 山田 愛
山本 愛子 吉田 あさぎ 渡邊 拓也
[博士2年]飯沼 珠実 梅原 麻紀 三野 新 宮坂 直樹 朴 娜炫
tumblr|http://atlas2014ima.tumblr.com/
facebook|https://www.facebook.com/atlas2014ima
twitter|@atlas2014ima
お問い合せ|sentan.atlas2014@gmail.com


[関連企画
先端フォーラム
ゲスト|三潴末雄氏(MIZUMA ART GALLERY)
日時|2014年7月7日[月]16:30―18:00
会場|東京藝術大学取手校地メディア教育棟2F第1講義室

オープニングパーティー
日時|2014年7月7日[月]18:00―20:00
会場|東京藝術大学取手校地メディア教育棟

北川フラム特別講演会「美術は地域をひらくー大地の芸術祭10の思想」

北川フラム特別講演会

東京藝術大学美術学部特別講演会
SPECIAL LECTURE: Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts


美術は地域をひらくー大地の芸術祭10の思想
北川 フラム

Art Cultivates Region — Echigo-Tsumari Art Triennale Ten Concepts
Fram Kitagawa


「大地の芸術祭」は、3年に一度、越後妻有(新潟県十日町と津南町)の里山に展開される。自然と人間とアートが織りなす3年大祭である。
2000年の第1回から5回が開催され、現在、田畑、民家、廃校などの里山を背景に、世界のアーティストが手がけた200点を越えるアート作品が6つのエリアに常設されている。
「大地の芸術祭という過疎化がすすむ中山間地域に展開された壮大な「アートによる地域づくり」の全貌を、ディレクションの臨場感を伝えながら、「大地の芸術祭」10の思想を語る。


日時|5月21日[水] 18:00ー20:00
会場|東京藝術大学上野キャンパス中央棟第一講義室
主催|東京藝術大学美術学部
企画|絵画科油画/先端芸術表現科
Date: May 21, Wednesday 18:00-20:00
Place: Tokyo University of the Arts, Ueno Campus, Chuo-Bldg., Lecture Room 1
Sponsored by Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts
Planned by Department of Painting, Oil Painting Course / Department of Inter-Media Art


本講演会は美術学部特別講演会として、本学学生を対象とします。

[連続講義]台湾立法院デモから考える――アート・群衆・デモクラシー

台湾立法院デモから考える

東京藝術大学大学院 先端芸術表現専攻 連続講義「現代アートにおける社会実践」
第二回|担当:たほりつこ教授
(芸術資料集成特別講義|共通レクチャー[2])


台湾立法院デモから考える――アート・群衆・デモクラシー
港千尋 × 池田剛介

5月14日(水) 開場:18:00 開始:18:30(入場無料・予約不要)
東京藝術大学 上野キャンパス中央棟 第一講義室
※ インターネットライブ中継を予定しています。


2014年3月18日、台湾立法院が学生に占拠された——ヒマワリ学運と呼ばれるこの学生運動は、世論からの大きな支持に後押しされながら、3月30日には立法院の周辺を50万人が取り囲む、稀に見る大規模なデモにまで発展を遂げる。
この運動に立ち会い、アートが生み出される現場を目撃した二人のゲストが、写真や映像を交えながら今回の台湾での出来事をめぐって広く深く考察する。情報環境が進展しグローバル資本主義が席巻する今日的状況のただ中で、アートはいかに政治や社会との関わりを取り結ぶのか、そのありうべきハイブリッドへと向けた徹底討議。


■講演者プロフィール

港千尋(みなとちひろ|写真家・批評家)
1960年生まれ。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授。群衆、記憶、イメージなどをテーマに、写真家としての活動および多彩な評論を手がける。『記憶ー創造と想起の力』(講談社選書メチエ)、『群衆論』(ちくま学芸文庫)、『ヴォイドへの旅』(青土社)をはじめ著書多数。2007年ヴェネツィア・ビエンナーレ、日本館コミッショナー。

池田剛介(いけだこうすけ|美術作家)
1980年生まれ。自然現象、生態系、エネルギーなどへの関心をめぐりながら制作活動を行う。近年の展示に「Tomorrow Comes Today」(国立台湾美術館、2014年)、「あいちトリエンナーレ2013」、「私をとりまく世界」(トーキョーワンダーサイト渋谷、2013年)など。近年の論考に「干渉性の美学へむけて」(『現代思想』2014年1月号)など。


東京藝術大学美術学部 (〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
tel: 050-5525-2123
アクセス:http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
Access: http://www.geidai.ac.jp/english/access
主催:東京藝術大学大学院 先端芸術表現専攻
協力:comos-tv  http://comos-tv.com/

修士1年入学展示 “INTRODUCTION EXHIBITION 2014”

入学展示ポスター

このたび、先端芸術表現専攻修士1年では、入学展示”INTRODUCUTON EXHIBITION 2014″を開催致します。
例年、修士1年は入学後はじめのカリキュラムとして、「自己紹介プレゼンテーション」をおこなってきましたが、本年度よりプレゼンテーションにかわり、取手校地メディア教育棟・メディア棟前プレハブを会場に、展示形式で自己紹介をおこないます。
多様な背景をもった32名の自己紹介を、是非ともご高覧下さい。


“INTRODUCTION EXHIBITION 2014”
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻1年入学展示

会期|2014年4月14日[月]ー 4月16日[水]10:30-17:00
会場|東京藝術大学取手校地メディア教育棟・メディア教育棟前プレハブ
作品プレゼンテーション|4月14日[月]13:30~
クロージングパーティ|4月16日[水]17:00~19:00
出品者[32名]|今村俊博 大政愛 丘幸寅 小保方裕哉 表良樹 門るり
菊地良太 北田千尋 草野翔子 坂本朱音 下田麻亜也 杉本憲相 田中信太郎
伝田智彦 土井沙莉 栃岡陽麻里 冨川紗代 富谷龍樹 長島瑠 人見紗操
蛭間友香 藤村祥馬 宮嶋歩 宮島なつみ 森奈々 持田敦子 山田愛
山本愛子 吉田あさぎ 渡邉拓也 李炯俊(研究生) 増田裕里子(研究生)

メディア概論 特別講義のお知らせ

メディア概論 特別講義

ゲスト 危口統之 (「悪魔のしるし」主催)

聴講可

1月24日(金)
場所 取手校地メディア棟第4講義室
時間 2限 11:10〜12:40

危口統之(きぐちのりゆき)

略歴
大学入学後、学内サークルにて演劇活動開始。
卒業後ほどなくして停止するも、
周囲の助けもあって2008年頃から演劇などを企画・上演する集まり「悪魔のしるし」を組織し、活動再開。
主な作品に「搬入プロジェクト」「桜悪魔の園しるし」「悪魔としるし」など。
2010年 フェスティバル/トーキョー 公募プログラム参加
2011年 トーキョーワンダーサイト 国内クリエーター交流プログラム参加
2012-13年 セゾン文化財団 ジュニアフェロー

著書など
・インタビュー掲載
「演劇最強論」飛鳥新社 /  徳永京子・藤原ちから編著
「季刊エス 2012年秋号」飛鳥新社
・寄稿
「仕事や人生や未来について考えるときにアーティストが語ること」フィルムアート社

第62回 東京藝術大学卒業・修了作品展

[会期]2014年1月26日(日)―31日(金)9:30-17:30(入場は17:00まで) 最終日9:30-12:30(入場は12:00まで)
[会場]東京都美術館/東京藝術大学大学美術館/東京藝術大学上野校地内
[入場料]無料

今年も東京藝術大学美術学部・大学院美術研究科では、学部卒業生、修士修了生による全科合同の卒業・修了作品展が開催されます。
その中の一学科である先端芸術表現科は、科の設立以来15年にわたり、美術という分野を超えて、芸術の持つ意味そのものを「表現の問題」として問いかけ、学生それぞれが表現行為を通じて、個々の直面する問題に対して提案と実践を続けてきました。出自も異なる様々な学生がそれぞれの関心のもとに、美術、映像、音楽、文学、身体表現、企画運営など、多岐にわたるアプローチを試み、表現行為の可能性を模索しています。
本展覧会は、私たち学生のそのような問題意識や取り組みの集大成をお見せする場となります。各々が試行錯誤を重ね、時には相互批評を通して深めてきた私たちの表現は、それが実社会の中で関係性を取り結ぶことで初めて意味を持ちます。拙いながらも私達を取り巻く状況に対する切実な応答でもある個々の作品を通して、この展覧会の機会を実りの多い場にしたいと考えます。
ぜひ多くの方々にご覧頂ければ幸いです。FacebookやTwitter、卒展ホームページにもアクセスください。出展者一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

[WEB]http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/sentan2014
[Twitter]@sentan2014
[Facebook]藝大先端卒修展2014
[お問い合わせ]sentansotsutenkoho@gmail.com(担当/村田)

先端芸術表現科入試説明会について

本学部先端芸術表現科に進学を希望する受験生、保護者及び教育関係者を対象とした入試説明会、アトリエ・スタジオ見学を開催します。

開催日時:平成25年12月8日(日) 13:00-15:00
開催場所:東京藝術大学美術学部取手キャンパス

詳しくは藝大HP内 先端芸術表現科入試説明会ページを参照下さい。
http://www.geidai.ac.jp/info/20131108.html

取手 アートパス 2013 〜物狂ほしけれ〜

12月6日(金)〜8日(日)の3日間、東京藝術大学取手キャンパスにて「取手 アートパス 2013〜物狂ほしけれ〜」を開催いたします。
取手 ART PATHとは、東京藝術大学取手キャンパスで学ぶ、絵画科油画の学部1年生と先端芸術表現科の学部1、2年生を中心に学生自らが運営を行い、総勢150名近くが参加する大規模な展覧会です。

今年の取手アートパスのテーマは「日記」です。2013年の社会の移り変わりや身近な出来事などの、その一瞬一瞬のリアリティに対し真摯な目線を持って見つめるためのきっかけとして、これを設けました。それを受けサブタイトルは「物狂ほしけれ」としています。「徒然草」から引用したこの一文は、表現に向かう時に自らの中で生まれる衝動や狂気を作品に昇華させる意志を意味しています。熱意を持った学生達のリアリティを是非ご覧ください。当日は来場者の皆様と学生とのコミュニケーションの場として、参加型イベントやゲスト討論会なども予定しております。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

会期 2013年12月6日(金)~8日(日)
開館時間 10:00~17 :00
レセプションパーティー 12月7日(土)17:30〜19:30
観覧料 無料
web http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/torideartpath2013/
twitter https://twitter.com/toride_artpath
Facebook https://www.facebook.com/torideartpath2013
会場 東京藝術大学取手キャンパス
主催 取手 アートパス 2013 実行委員会

学部3年生 後期成果展「Delta -可能性の手触り-」

infomation

可能性の手触り

 今年7月に行った第1回目のDELTA展において私たちは、自分たちの歴史感覚を見つめることを展示者共通のテーマとして設定した。そのために、私たちの今いる時間(現在)と私たちがいなかった時間(過去)、そして私たちにとってあり得るかもしれない時間(未来)とを有機的に関係させることのできるような視座(第4の点)を見出すことができたとき、DELTA(Δ)は単なる記号を超えて立体的に立ち上がるだろうという仮説を立て、各々の制作によって現在から第4の点までの道筋を提示しようと試みた。そうした前回の問題設定の延長上で、今回は未来の時間(未だ到来していない歴史)に対する想像力に焦点を当てる。 
未来とは可能性であり、可能性は技術によって現実化する。私たちの現実を物理的に可能にしているのは、種々様々な技術である。定義上、可能性それ自体は直接に触知することができない。しかし、新しい技術の発明は確かに私たちの未来に「手触り」のようなものを与える。 
ところで、あるひとつの技術もそれ自身の中に別様の可能性を孕んでいるはずだ。だとすると、そのうちのある可能性は実現化し、ある可能性は現実化しないのは何に依るのだろう?経済の論理の中にあっては、生産効率という判断基準が大きく作用する。たとえば写真技術の発明によって絵画が瀕した危機とは、絵画の絵画性が揺るがされることよりも前に、単に画家が失業することに対する動揺であっただろう。それでも絵画は依然として生き残っている。それは絵画が写真によってとって代わられた可能性とは、別の可能性を孕んでいたことの現れだが、これは改めて言うまでもないことだ。なぜならたった一つの可能性しか持ちえないような技術などあり得ないのだから。もしそのように見えるとすれば、別の可能性は単に顧みられることがないか、あるいはなんらかの仕方で隠されているのかもしれない。アートの可能性として、アートは技術の別の可能性に手触りを与えることができるのかを問題にしてみる。アートは非生産性や負の可能性も顧慮に入れるという意味において単なる生産性の論理ではない。生産性の論理とは切れたところで技術を思考したりまた使用したりすることで、いまこの現実を可能にしているのとは別の可能性に手触りを与えることができるだろうか?アートはそのような仕方で、未来を物理的に想像できるだろうか?

会期 2013年11月22日(金)-26日(火)
開館時間 午前11時30分-午後7時
レセプションパーティー 11月23日(土)18:00-
観覧料 無料
web http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/delta2_2013/
twitter @geidaisentan_13
会場 BankART Studio NYK
主催 Delta展実行委員会