1111194_ota

太田 みなみ

太田 みなみ

一組の男女が家族をつくる過程において、互いの夫婦観、家族観があらわとなる。
男と女は別々に、人生と家庭について自らが今まで描いてきた考えに対峙せざるを得なくなるような事態に陥る。
男女はそれぞれの見る夢、出会い、互いへの信頼により、混乱が引き起こした傷から癒やされていく。

古川聖研究室所属