先端とは?



〈表現の問題〉について問いかけます

 1999(平成11)年4月に設置された先端芸術表現科は、「美術」の分野を超える教育研究の実践を目指しています。従来の藝大・美大では、扱う技法によって各科が編成されてきましたが、先端芸術表現科では、芸術の持つ意味そのものを「表現の問題」として問いかけます。

学部:ドローイング、工作、写真、映像といった「美術」の領域のメディアに加え、身体、音楽、コンピュータなど様々な表現メディアの基礎を身につけ、「これからの芸術とはなにか」について、実践的に学ぶ。制作の側のみならず、芸術支援の総てにおける可能性を持った人材育成を基本理念とする。こうした理論を講義として学ぶとともに、それぞれのスタジオにおいて領域横断的に制作していくカリキュラムが組まれる。
修士:学部の教育に引き続き修士課程ではより専門性を高める。しかも狭隘な領域に分断すること無く、1年次には共通のゼミ(Art in Context)を設定し、美術に留まらない幅広い関連分野で活躍する多彩な人材が特別講義や演習などに参加し、さまざまな角度からアドバイスを与え、深く表現について学ぶ。そして共通の展示であるアトラス展を行う。また揺れ動く現実社会と切り結ぶ問題とかかわる「プロジェクト」や実践的な社会に向けた発表に積極的に関わることを推奨する。

【社会に向けて開かれた存在でありたい】
 大学のなかに閉じこもっていては、現代を呼吸することはできません。設置以来、「取手アートプロジェクト」をはじめ、地域や社会に深く根ざしたアートプロジェクトや国際的なプロジェクトに積極的に参画し、グローバル化した世界に向けて、私たちの生の意味について創造と提案を続けてきました。テーマは、人間の意識変革、文化拠点としての地域、コミュニティの再創造など多岐にわたっています。
 この学科が育成してきたのは、アーティストばかりではありません。これまでの藝大生・美大生が選んできた進路にとどまらず、社会に対する鋭い問題意識を持った多彩な人材を輩出しています。先端芸術表現科の卒業生は、インディペンデントな起業家、あるいは組織の一員として、ファシリテーター、プロデューサー、編集者、研究者となって、さまざまな領域で活躍しています。

>>先端芸術表現科 公式Webサイト


過去PV①




過去PV②



(c) 2016 tokyo university of the arts. All Rights Reserverd.